トップページ  >  スパコンを知ろう!

スパコンって何? スパコンって何をしているの? 「富岳」はどんなマシンなの? スパコンに関する素朴な疑問にお答えします!

ハロー!スパコン

スパコンについて知りたいなと思ったら、まずは「ハロー!スパコン」をご覧ください。小学校高学年以降に習う漢字にはルビが振られ、お子さんから大人の方まで読みやすくなっています。また、「富岳」について詳しく解説されているのはもちろん、これから先コンピュータがどうなっていくのかといった、最新の動向にも触れられています。

スパコンって何?

スーパーコンピュータの略称で、同時代の普通のコンピュータよりはるかに計算が速いコンピュータのことです。「計算速度が〇〇以上のコンピュータ」のように定義できないのは、スパコンの性能が27年間で100万倍以上というスピードで進歩しているからです。

イラスト: スパコンって何?

スパコンは何に使われるの?

計算速度がとても速いスパコン。何のために必要なのでしょうか。実は大量の計算をすることで、天気予報をはじめとする生活に身近な技術を支えています。今後、スパコンの活用用途はさらに広がりそうです。

スパコンの活用用途が広がるイメージ

スーパーコンピュータ「京」でできたこと

今は「富岳」のある部屋で、2019年まで稼働していたスーパーコンピュータ「京」。多様な用途に活用できる汎用スパコンとして開発された「京」は、ヒトの心臓や自動車、果ては超新星爆発に至るまで、さまざまなシミュレーションで新しい世界を見せてくれました。

京の外観

スーパーコンピュータ「富岳」はどのようにつくられたのか

「富岳」の開発で特徴的なのが、「コデザイン(協調設計)」というコンセプトです。設計段階から、スパコンをつくる人たちだけではなく、使う側の人たちがいっしょになって、どのようなマシンが必要なのかを考えました。

富岳の外観

「富岳」4冠の意味

2020年6月と11月、「富岳」は4つのスパコンのランキングで世界第1位を獲得しました。「富岳」はランキングではなく、「使いやすさ」にこだわってつくったと開発者たちは口をそろえます。矛盾するようですが、その結果が、4冠につながったのです。

「富岳」4冠の意味

「富岳」のスペック・構造

2020年11月に世界第1位を獲得した「富岳」の計算速度442.01PFLOPS(ペタフロップス)は、1秒間に44京回(京は兆の1万倍、10の16乗)もの計算ができるというすさまじいものです。これを可能にしたのが、約16万個ものCPU。どのように構成し、ひとつの「富岳」というマシンになっているのでしょうか。

「富岳」のスペック・構造

「富岳」はどんなことに使われるの?

「富岳」は人々の暮らしに役立てるためにつくられました。新型コロナウイルス感染症流行の際には、緊急的に「富岳」の計算力が使われました。もちろんそれだけではなく、未来の快適で安全な暮らしを実現するために「富岳」は役立てられます。

イラスト:「富岳」はどんなことに使われるの?

未来のスパコンはどうなる?

「富岳」も非常に速いスパコンですが、計算力に「これで十分」ということはありません。「富岳」よりもっと速いスパコンを作るにはどうしたらよいでしょうか。現在のコンピュータとは異なる形式のコンピュータが研究されはじめています。

イラスト:未来のスパコンはどうなる?