トップページ  >  研究活動  >  運用技術部門紹介

計算科学研究センター 運用技術部門長
庄司 文由
写真:計算科学研究センター 運用技術部門長 庄司 文由

運用技術部門は、共用施設としての世界トップクラスの性能を持つスーパーコンピュータ「富岳」に加え、システム稼働に必要な電気設備や機械設備、ネットワーク設備の管理・運用を行うとともに、システムおよび設備の効率的な運用に資する技術開発、およびシステム利用技術の高度化に資する研究開発を進めています。またR-CCSで開発されたソフトウェアの普及や、Armアーキテクチャにおけるソフトウェアエコシステムの構築に資する取り組みを推進します。

研究テーマ
  • システムおよび設備の効率的な運用に資する技術開発
  • システム利用技術の高度化に資する研究開発
  • 「R-CCSまるわかりガイド」新しいタブで開きますでは、各ユニットの研究がどんなところで役に立っているのかをイラストでわかりやすく紹介しています。ぜひご覧ください。

運用技術部門の組織