トップページ  >  計算科学研究センターとは  >  他機関との連携

理化学研究所では研究成果を社会に普及させるため、国内外の大学や研究機関、民間企業との連携を推進しています。計算科学研究センターでも、多様な機関・組織と共同研究や連携協定等を締結しています。

(2021年5月31日 現在)

主な協定機関・組織
エリア 協定機関・組織
国内 神戸大学、筑波大学、東北大学、東京工業大学、長崎大学、広島市立大学、京都大学、熊本大学、北陸先端科学技術大学、 東京大学、兵庫県立大学、東京理科大学、公益財団法人計算科学振興財団、一般財団法人高度情報科学技術研究機構
アメリカ イリノイ大学 国立スーパーコンピュータ応用センター(NCSA)、メリーランド大学(UMD)、Pacific Earthquake Engineering Research Center (PEER)、ペンシルベニア州立大学(PSU)
イギリス レディング大学(UoR)
イタリア 国際高等学院(S.I.S.S.A.)
フランス 国立科学研究センター・計算施設(CNRS, MDLS)、IMTアトランティック、リール大学情報学・信号・自動制御研究センター(CRIStAL)
ドイツ ツーゼ研究所(ZIB)、レーゲンスブルク大学物理学部(UR)
中国 北京計算科学研究センター(CSRC)
台湾 国立中央大学(NCU)
韓国 大邸大学校(Daegu University)
シンガポール シンガポール科学技術研究庁(ACRC)、シンガポール国立スーパーコンピューティングセンター(NSCC)
デンマーク コペンハーゲン大学社会科学部(SODAS)
その他 JLESC(Joint Laboratory for Extreme-Scale Computing:フランス・アメリカ・スペイン・ドイツの研究機関等6者による)、OpenACC Organization、OpenHPC、ADAC、 SYNAPSE、ヨーロッパ中期天気予報センター(ECMWF)、DL4Fugaku(Arm社、富士通株式会社、Linaro社)、コロナ課題協定、計算基礎科学連携拠点拡大協定