理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

記者勉強会 ”スーパーコンピュータのランキング /「富岳」を利用した新型コロナウイルス研究” (6月17日・オンライン開催)

6月22日の週はスーパーコンピュータのさまざまなランキングの発表が予定されています。2021年度の共用開始を目指す「富岳」も、複数のランキングに計測結果を提出しています。それぞれのランキングがスーパーコンピュータのどのような側面を評価するのか、計算科学研究センター 副センター長の佐藤三久より説明しました。

また、新型コロナウイルスが世界規模で社会的・経済的な災禍をもたらしている昨今の状況を鑑み、理化学研究所は、文部科学省と連携し、新型コロナウイルス対策に貢献する研究開発に対して、開発・整備中である「富岳」の一部計算資源を供出することを2020年4月7日に発表し、複数の研究課題を実施中です。(参考:プレスリリース「新型コロナウイルス対策を目的としたスーパーコンピュータ「富岳」の優先的な試行的利用について」)
今回の勉強会では、前回5月15日の勉強会で触れられなかった研究課題、進捗のあった研究課題の具体的な内容について、課題代表者より説明しました。

日時

2020年6月17日(金)14:00~16:00

発表内容と資料・動画

資料内の画像および動画の使用については許諾が必要です。必ず事前に理研(ページ下部連絡先)にお問い合わせください

時間 講演タイトル(講演者) 講演資料 動画
14:00~14:30 スーパーコンピュータのランキングについて
(理研 計算科学研究センター 副センター長 佐藤三久)
資料1(PDF 約3MB)
【注】資料内画像使用は理研に事前連絡要
YouTube(25分33秒)
14:30~15:00 新型コロナウイルス関連タンパク質に対するフラグメント分子軌道計算
(立教大学 理学部 教授 望月祐志、神戸大学 大学院システム情報学研究科 教授 田中成典、星薬科大学 薬学部 准教授 福澤薫)
資料2(PDF 約3MB)
補足資料2 (PDF 約3MB)
【注】資料内画像使用は理研に事前連絡要
YouTube(23分39秒)
15:00~15:30 室内環境におけるウイルス飛沫感染の予測とその対策
(理研 計算科学研究センター 複雑現象統一的解法研究チーム チームリーダー 坪倉誠)
資料3(PDF 約2MB)
【注】資料内画像使用は資料ダウンロード申請フォームより申請ください
YouTube(26分00秒)
15:30~16:00 パンデミック現象および対策のシミュレーション解析
(理研 計算科学研究センター 離散事象シミュレーション研究チーム チームリーダー 伊藤伸泰、東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 高安美佐子、兵庫県立大学 シミュレーション学研究科 准教授 井上寛康)
資料4(PDF 約4MB)
【注】資料内画像使用は理研に事前連絡要
YouTube(27分27秒)

記者勉強会に関するお問い合わせ

報道機関向け問い合わせフォーム よりお問い合わせください。