トップページ  >  「富岳」について  >  利用方法  >  富岳クラウドプラットフォーム

理化学研究所では、スーパーコンピュータ「富岳」のさらなる利用拡大・利便性向上を図るため、「富岳」の計算資源を活用したクラウド的な利用サービス「富岳クラウドプラットフォーム(FCP)」の導入を目指しています。

富岳クラウドプラットフォームにより、サービスプロバイダー事業者が提供するさまざまサービスを通じて、「富岳」の圧倒的な計算パワーを、より簡単に、より使いやすい形でご利用いただくことができます。高性能コンピューティング(ハイパフォーマンス・コンピューティング、HPC)の運用ノウハウを擁する理研と、クラウド技術やアプリケーションサービス技術を擁するサービスプロバイダー事業者が連携することで、「富岳」の新たな利用スタイルを提供します。

現在、サービスプロバイダーとのパートナーシップの下、9つの共同研究プロジェクトに取り組んでいます(2021年1月時点)。各プロジェクトでは試験的にユーザーへのサービス提供を行います。 サービスの詳細に関しては準備が出来次第ご案内予定です。

図:「富岳クラウドプラットフォーム(FCP)」のイメージ

powered by FUGAKU ロゴマーク
「富岳」の計算資源や「富岳」を使った研究成果を活用した商品・サービスにつけるロゴマーク。FCP共同研究プロジェクトによるクラウドサービスにも本ロゴマークがつけられる。

図:powered by FUGAKU ロゴマーク

実施中の共同研究プロジェクト

2021年1月時点(50音順、括弧内は共同提案者)

関連リンク

参考動画

富岳クラウドプラットフォーム(YouTube 16分53秒)