トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  新型コロナウイルス感染の分子機構を解明 -医薬品の分子設計に貢献する「富岳」による新しい知見-

理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)粒子系生物物理研究チームの杉田有治チームリーダー、小林千草技師、開拓研究本部杉田理論分子科学研究室の森貴治専任研究員、ジョン・ジェウン専任技師らの研究チームは、スーパーコンピュータ「富岳」と「Oakforest-PACS」を用いて新型コロナウイルスSARS-CoV-2の表面に存在する「スパイクタンパク質」のシミュレーションを行い、ウイルスがヒト細胞に侵入する際に起こるスパイクタンパク質の構造変化において、スパイクタンパク質表面を修飾している糖鎖が重要な役割を果たしていることを発見しました。詳細は下記をご覧ください。

新型コロナウイルス感染の分子機構を解明 -医薬品の分子設計に貢献する「富岳」による新しい知見-新しいタブで開きます(理化学研究所ウェブサイト)

ロゴマーク:スーパーコンピュータ「富岳」

(2021年2月18日)