理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

センター紹介

理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)は国際的な高性能計算科学分野の中核拠点として、「計算の科学」と「計算による科学」、両者の相乗効果による「計算のための科学」の探求とその成果であるソフトウェア等のテクノロジーを「コア・コンピタンス」と位置付け、それらの発展や国内外への普及を推進しています。

また、わが国の計算科学および計算機科学の先導的研究開発機関として、スーパーコンピュータ「京」を運用し、2012年から2019年の共用期間中、研究機関・大学にとどまらず産業界からの利用等を通し、幅広い分野で世界トップレベルの成果を創出しました。

2014年4月からは、「京」の後継機となるスーパーコンピュータ「富岳」の開発を進めており、2021年度の共用開始に向け、社会的・科学的課題の解決に貢献し、ビッグデータや人工知能など新たなIT分野も加速するシステムの構築を目指します。