理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

日欧米カナダ共同の International HPC Summer School 2020 参加者募集(7月12日~17日 カナダ・トロント開催)開催中止について

2020年の国際HPCサマースクール参加者募集 カナダ トロント

※開催中止について
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内外での感染拡大リスクが高まっていることから、ご参加の皆さまおよび関係者の健康面への影響を考慮し、予定をしておりました本スクールは、中止とすることを決定いたしました。
なお、次年度は2021年7月にカナダ・トロントでの開催を予定しております。何卒ご了承ください。

計算科学研究センターでは今年も、欧州、米国及びカナダと共同でサマースクールを開催するにあたり、参加者を募集します。

日本からは、博士研究員などの若手研究者を概ね10名派遣予定です。ご希望の方は、下記詳細をご確認いただき、International HPC Summer School(IHPCSS)のウェブサイト経由で参加申込みを行ってください。

Information in English

2019年の国際HPCサマースクール 日本・神戸 開催報告

2019年の国際HPCサマースクール
日本・神戸 開催報告

この国際サマースクールの目的は、通常、特定分野に特化して研究を行っている学生及び若手研究者を対象に、HPC関連分野の第一線の研究者による講義や実習を通して、より広い視点で新たな知見を得る機会を提供することです。さらに、同世代間の国際交流を深め、今後のHPC分野の発展を担う国際的人材の育成、輩出をめざします。

これまで、欧州と米国で"European-U.S. Summer School on HPC Challenges in Computational Sciences"が3回開催され、その後、2013年に日本が、そして2014年にはカナダも参画し、今年は"11th International Summer School on HPC Challenges in Computational Sciences"を開催します。
*HPC…ハイパフォーマンスコンピューティング

開催概要

日程:2020年7月12日(日)~17日(金)
場所:カナダ・トロント
主催:

  • 理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)
  • 欧州 Partnership for Advanced Computing in Europe (PRACE)
  • 米国 Extreme Science and Engineering Discovery Environment (XSEDE)
  • カナダ SciNet HPC Consortium (SciNet)

内容

日欧米カナダのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の最前線にいる研究者による、以下のトピックに関する講義や実習を予定。

  • ハイパフォーマンスコンピューティングおよびビックデータチャレンジ
  • ハイパフォーマンスコンピューティングプログラミング
  • 性能解析やプロファイリング
  • ソフトウエアエンジニアリング
  • 数値ライブラリ
  • ビッグデータ分析や分析論
  • ディープラーニング(人工知能ならびに深層学習技術)
  • 科学的可視化(科学的成果の可視化技術)
  • 日欧米カナダのハイパフォーマンスコンピューティングインフラストラクチャーの紹介

参加対象者

日欧米カナダの学生、博士研究員などの若手研究者(80名程度)
※日本からは概ね10名を派遣予定
※所属機関長または委任を受けた者の公式な依頼状等が得られる国内の大学等の学生または博士研究者などの若手研究員であること(旅費・滞在費等は弊所負担)

詳細情報及び参加申し込み

International HPC Summer School

【参考】参加申込登録ページ

参加申込登録ページ

登録項目の例 (※過去参加者(採択者)の回答例)

◆Research Abstract
Our research topic is radiation protection using Martian magnetic anomalies. To validate the concept of the radiation protection, we have conducted particle simulation to measure how the magnetic anomalies affect the impact rate on the Martian surface. We simulated numerous particle trajectories in the magnetic anomaly using relativistic Buneman-Boris method. The particle simulation handle trajectories of about 1 billion protons. To calculate numerous particles, we constructed simulation program using massive parallelism by MPI and have performed the simulation on the KDK computer system.

◆Scientific and technological reasons for participating
We have conducted particle simulation parallelized by MPI. However, I studied the parallelism by reading articles on the website mainly and was not taught by professionals of the massive parallelism. Therefore, I would like to study accurate high performance computing skills including the massive parallelism in the summer school. Moreover, these skills are useful for me as a Ph.D. candidate. Then, our research topic will be plasma particle simulation of magnetic nozzle thrusters in space. The particle simulation of magnetic nozzle thrusters has been rarely done so far, because the calculation cost would be huge. To overcome the calculational issues of magnetic nozzle thrusters, I would like to study basic and advanced skills about high performance computing.

◆Describe your use of HPC, including familiarity with MPI, OpenMP, multicore, accelerators and coprocessors, and how you participate in software development.in this summer school.
I conducted particle simulation of electrospray thrusters from Month. Year to Month. Year and particle simulation of radiation protection using Martian magnetic anomalies from Month. Year to today. The particle simulation included MPI parallelization and was performed on the JAXA Supercomputer System generation 2 (JSS2) and the KDK computer system. I will conduct particle simulation of magnetic nozzle thrusters using HPC and MPI from Month. Year.

◆List any awards, scholarships, patents, relevant publications, etc.
Awards:
-Award for Outstanding Academic Performance, 〇〇 University, Month. Year.
-○○-award, The Japan Society of Mechanical Engineers, Month. Year.
Scholarship:
-Scholarship student, ○○ Scholarship Foundation
Publications:
-Name“Title”, Japan, Date (Year), pp.

◆List any engagement you have in your community beyond the classroom (i.e. research lab positions, leadership positions, committees, outreach activities, etc).
-Tutor for international student, 〇〇 University, Month.Year-Month.Year.
-Special Inter-Institutional Research Fellow, 〇〇, 〇〇 Agency, Month.Year-Month.Year.
-Student member of editorial board, 〇〇, Month.Year-Today.

◆How could your lab, department, and/or larger community benefit from you attending this summer school?
Attending the summer school will be benefit for our laboratory of 〇〇 University. Our laboratory focuses on space electric propulsion and have conducted plasma particle simulation of microwave plasma thrusters and molecular dynamics simulation of electrospray thrusters. These simulations use HPC, such as the KDK computer system at 〇〇 University. I will spread the experience studying in the summer school.

申込締切

2020年1月27日(月)
※個人情報の取扱について
R-CCSでは、「理化学研究所個人情報保護規程」に則り厳重に管理し、正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。


問い合わせ先

理化学研究所 計算科学研究推進室
担当:佐々木 久子
Tel: 078-940-5796
Fax: 078-304-4956
Email: renkei_hrd[at]ml.riken.jp ([at]は@にしてください)