トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  創薬に関わる新たな研究開発部門が発足

スーパーコンピュータ「富岳」などHPC(High Performance Computer)を活用し、創薬のための新たなAI技術やデータベースの開発、医薬品開発プロセスから臨床試験までをカバーする医薬プロセス最適化プラットフォームの構築を目指す「HPC/AI駆動型医薬プラットフォーム部門」を4月1日、新たに発足させました。

本プラットフォームを活用することで、医薬品開発プロセスを劇的に合理化し、Society5.0で目指す、健康寿命の延伸・社会コストの抑制に貢献していきます。

(2021年4月1日)