トップページ    イベント・広報    お知らせ一覧    【成果創出加速プログラム】がんゲノム医療のさらなる拡大へ向けた一歩 ~コンピュータ解析で意義不明変異のなかに治療標的となる新たな遺伝子変異を発見~

国立研究開発法人国立がん研究センター、学校法人慈恵大学、国立大学法人京都大学、国立大学法人筑波大学などからなる研究チームは、がんゲノムデータベースに登録される約7万種類の遺伝子変異に対するコンピュータ解析やそれに基づく細胞実験を行い、これまで薬剤の有効性が確認できておらず意義が不明とされていた変異のなかから既存薬剤のRET阻害薬による治療効果が見込まれる新たなRET遺伝子の変異を発見しました。

詳細は下記リンクよりご覧ください。

「富岳」成果創出加速プログラム(HPCI広報サイト 富岳百景)へのリンク
「富岳」成果創出加速プログラム(HPCI広報サイト「富岳百景」)

(2022年9月28日)