トップページ    イベント・広報    お知らせ一覧    【成果創出加速プログラム】スピントロニクス向け強磁性合金材料と二次元物質間の異種結晶界面の状態を第一原理計算で予測

神戸大学大学院工学研究科の植本光治助教、小野倫也教授、大学院生の安達隼人氏らと東北大学の永沼博准教授らの研究グループは、密度汎関数理論に基づく第一原理計算により、鉄パラジウム合金とグラフェンの異種結晶界面(FePd/Gr)の構造および特性のシミュレーションを行いました。本研究で提案された計算モデルは、強磁性トンネル接合素子などの機能予測や最適化、材料探索に役立つことが期待されます。

詳細は下記リンクよりご覧ください。

「富岳」成果創出加速プログラム(HPCI広報サイト 富岳百景)へのリンク
「富岳」成果創出加速プログラム(HPCI広報サイト「富岳百景」)

(2022年9月7日)