トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  LINCの「「富岳」を機軸とした創薬DXプラットフォームの構築」が「富岳」Society 5.0推進利用課題に採択

一般社団法人ライフインテリジェンスコンソーシアム(LINC)は、提案した「スーパーコンピュータ「富岳」を機軸とした創薬DXプラットフォームの構築」が文部科学省が推進する「富岳」Society 5.0 推進利用課題に採択され、同課題を開始すると発表しました。
同課題は、R-CCSのHPC/AI駆動型医薬プラットフォーム 奥野恭史 部門長(京都大学・LINC代表)らのリーダーシップのもと推進され、「富岳」上にHPC/AI創薬プラットフォームを構築するための試験研究を行います。

詳細は下記をご覧ください。

「「富岳」を機軸とした創薬DXプラットフォームの構築」で「富岳」Society 5.0推進利用課題に採択(LINCウェブサイト)新しいタブで開きます

関連リンク

(2022年6月28日)