トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  【成果創出加速プログラム】新しい高精度シミュレーションが明らかにした星団形成の現場

東京大学大学院理学系研究科の藤井通子准教授らは、オリオン大星雲の中心部にある星団から互いの重力による加速で弾き出された大質量星が、オリオン大星雲の電離領域の形成のきっかけとなった可能性を、スーパーコンピュータを用いた数値シミュレーションと観測データから示しました。
詳細は下記リンクよりご覧ください。

新しい高精度シミュレーションが明らかにした星団形成の現場新しいタブで開きます(東京大学 大学院 理学系研究科・理学部ウェブサイト)

「富岳」成果創出加速プログラム

(2022年6月8日)