トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  【成果創出加速プログラム】がん治療薬の開発に向けた UHRF1 の機能阻害剤を発見

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 構造生物学研究室 有田 恭平 教授、郡 聡実さん(博士後期課程3年)、同研究科 生命情報科学研究室 浴本 亨 助教、柴橋 佑希 特任助手、池口 満徳 教授らを中心とした研究グループは、がん治療薬開発の標的となるタンパク質UHRF1の機能阻害剤を、構造生物学と計算科学を組み合わせた手法で発見しました。
詳細は下記をご覧ください。

がん治療薬の開発に向けた UHRF1 の機能阻害剤を発見新しいタブで開きます(横浜市立大学(YCU)ウェブサイト)

「富岳」成果創出加速プログラム

(2021年11月22日)