トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  スーパーコンピュータ「富岳」が機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCで世界第1位を獲得

理化学研究所と富士通が、スーパーコンピュータ規模の処理を必要とする大規模機械学習処理のベンチマーク「MLPerf HPC」の一つである「CosmoFlow」において、スーパーコンピュータ「富岳」の約半分の規模を用いて計測した結果、世界最高速度を達成し第1位を獲得しました。詳細は下記をご覧ください。

スーパーコンピュータ「富岳」が機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCで世界第1位を獲得 ~深層学習モデルCosmoFlowの単位時間あたりの学習で世界最高速度を達成~新しいタブで開きます(理化学研究所ウェブサイト)

「MLPerf HPC」とは

「MLPerf HPC」は、機械学習アプリケーションを実行するシステムの性能リストを作成することを目的に、膨大な時間を要する大規模機械学習計算をスーパーコンピュータで行った際のシステム性能を評価するため、機械学習ベンチマークを実施するコミュニティである「MLCommons」によって2020年に策定された機械学習ベンチマークです。「MLPerf HPC」は、世界各国のスーパーコンピュータで利用されており、新たな業界標準として期待されています。

今回の「MLPerf HPC」では、以下の3つのベンチマーク・プログラムでの性能評価が実施されました。

関連リンク

(2021年11月18日)