トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  【成果創出加速プログラム】人工ニューラルネットワークで明らかになった高温超伝導の隠れた起源

国立研究開発法人物質・材料研究機構 (NIMS)、京都大学、早稲田大学、豊田理化学研究所からなる研究チームは、新たに光電子分光データから人工ニューラルネットワーク(ANN)を活用して『自己エネルギー』と呼ばれる物理量を取り出す手法を開発し、高温超伝導解明の鍵となる引力の痕跡を発見しました。
詳細は下記をご覧ください。

人工ニューラルネットワークで明らかになった高温超伝導の隠れた起源新しいタブでサイトが開きます(国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)ウェブサイト)

「富岳」成果創出加速プログラム

(2021年11月9日)