トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  【成果創出加速プログラム】スーパーコンピュータ「富岳」で太陽の自転の謎、解ける

千葉大学大学院理学研究院の堀田英之准教授と名古屋大学宇宙地球環境研究所長の草野完也教授は、スーパーコンピュータ「富岳」による超高解像度計算によって、太陽内部の熱対流・磁場を精密に再現しました。それにより、太陽では赤道が北極・南極(極地方)よりも速く自転するという基本自転構造を、世界で初めて人工的な仮説を用いずに再現することに成功しました。
詳細は下記をご覧ください。

「富岳」成果創出加速プログラム

(2021年9月14日)