トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  【成果創出加速プログラム】混雑した細胞内で薬はどう効くのか

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター分子機能シミュレーションチームの杉田有治チームリーダー(開拓研究本部杉田理論分子科学研究室主任研究員、計算科学研究センター粒子系生物物理研究チームチームリーダー)、笠原健人研究員(研究当時)、タンパク質機能・構造研究チームの白水美香子チームリーダーらの国際共同研究グループは、現実の細胞内に近い分子混雑環境[1]での酵素とその阻害剤の結合過程を、分子動力学(MD)計算[2]によりシミュレーションすることに成功しました。

スーパーコンピュータ「京」を利用して得られた成果です。詳細は下記をご覧ください。

「富岳」成果創出加速プログラム

(2021年7月9日)