トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  生体分子の動きを効率的に捉えるシミュレーション技術を開発 ―超高周波超音波照射によってタンパク質と医薬品の結合計算を加速―

京都大学大学院医学研究科 奥野恭史 教授、荒木望嗣 特定准教授、松本篤幸 特定准教授、理化学研究所計算科学研究センター 井阪悠太 特別研究員、兵庫県立大学 神谷成敏 教授、大阪大学 Gert-Jan Bekker 准教授らの研究グループは、病気の原因タンパク質と医薬品の結合過程を、汎用コンピュータでも高速にシミュレーションできる新たな計算技術の開発に成功しました。詳細は下記をご覧ください。

(2021年5月28日)