トップページ  >  イベント・広報  >  お知らせ一覧  >  ありがとう「京」シャットダウンセレモニーを開催しました

理化学研究所(理研)は2019年8月30日、ありがとう「京」シャットダウンセレモニーを執り行いました。

理研計算科学研究センター(兵庫県神戸市)に設置されたスーパーコンピュータ「京」は、2012年9月の共用開始以来、多くの研究機関・企業に利用され、目覚ましい成果をあげてまいりましたが、2019年8月16日、その役目を終え、共用を終了いたしました。その後さまざまな調整を経て、このたびシャットダウンされました。

ありがとう「京」シャットダウンセレモニーは、多くのご来賓の方々を含め、「京」にゆかりの深い方々にお集まりいただいて執り行われました。

写真:シャットダウンの様子
シャットダウンのボタンを押す理事長ら (クリックで拡大します)

セレモニーの最後には、ご来賓の代表の方、ならびに松本紘理事長がスイッチを押し、「京」をシャットダウンいたしました。

そして、「京」の運転音が消えた場内に、6人の高校生が登場しました。2011年に「京」を最初に見学に来てくださった兵庫県立北摂三田高等学校の、在校生の皆様です。

「京」への感謝の気持ちと後継機「富岳」への力強いメッセージを頂戴し、場内に漂っていた寂しさが、「富岳」への期待へとかわっていきました。

最後に、松岡聡 計算科学研究センター長が「京」へのねぎらいの言葉をかけ、大きな拍手のうちに式典は終了しました。

写真:メッセージを読み上げる高校生
兵庫県立北摂三田高等学校の皆様 (クリックで拡大します)

2019年9月より「京」の撤去工事が始まるとともに、「富岳」の設置工事も本格化してまいります。なお「富岳」は2021年頃の共用開始を目指しています。

【理事長挨拶より抜粋】
これまで「京」の計画段階から開発、運用にあたって多大なご支援、ご協力をいただいた議員の先生方、政府関係者、兵庫県・神戸市の地元の皆様、そして、利用者の皆様に御礼申し上げますとともに、京を守り育ててきた、富士通・理研はじめすべての研究者・技術者の皆さんに敬意を表したいと思います。引き続き、富岳へのご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

写真:「京」にねぎらいの言葉をかける松岡センター長
「京」にねぎらいの言葉をかける 松岡センター長 (クリックで拡大します)

式次第

フォトアルバム

主なご来賓の方々

メッセージをお送りいただいた皆様

衆議院議員

参議院議員

関連リンク

(2019年9月20日)