トップページ  >  イベント・広報  >  知る集い  >  第1回 スーパーコンピュータ「富岳」を知る集い in 金沢 開催報告(2020年1月25日)

スーパーコンピュータ「富岳」を知る集い in 金沢

2020年1月25日(土)に「スーパーコンピュータ「富岳」を知る集い in 金沢」を金沢歌劇座 大集会室(石川県金沢市下本多町6番丁27番地)において開催しました。
今回、266名の方にご参加いただきました。ありがとうございました。
各講師のプレゼンテーション要旨につきましては、本ぺージ内の「講演趣旨」からご覧いただけます。プレゼン資料ついては「講演要旨 各タイトル」のリンクよりPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
なお、当日回収させていただきましたアンケート調査の結果は、本ぺージ内の「アンケート調査結果」をご覧ください。次回以降の開催の際の参考とさせていただきます。ご協力ありがとうございました。

R-CCSのFacebookを見る新しいタブで開きます

詳細
開催日 2020年1月25日(土)
開催時間 13:30 - 16:00(受付開始は13:00)
開催都市 石川県金沢市
場所

金沢歌劇座 大集会室(石川県金沢市下本多町6番丁27番地)

主催

理化学研究所 計算科学研究センター

後援

石川県、金沢市、金沢市教育委員会、北國新聞社

協賛

公益財団法人 計算科学振興財団・一般財団法人 高度情報科学技術研究機構

プログラム
時間 内容
13時30分~13時35分 主催者挨拶
13時35分〜14時15分 [スーパーコンピュータ「富岳」について知ろう!]
堀 敦史
理化学研究所計算科学研究センター・フラッグシップ2020プロジェクト
システムソフトウェア開発チーム・研究員
14時15分~14時35分 [ようこそ展示コーナーへ]
14時35分~15時15分 [ビッグデータ同化:「富岳」が拓く未来の天気予報]
三好 建正
理化学研究所計算科学研究センター
データ同化研究チーム・チームリーダー
15時15分〜15時55分 [スーパーコンピュータで拓く人工知能(AI)の世界]
小川 宏高
産業技術総合研究所 人工知能研究センター
人工知能クラウド研究チーム・研究チーム長
15時55分~16時 エンディング

講演趣旨

[ビッグデータ同化:「富岳」が拓く未来の天気予報]

天気予報にはスーパーコンピュータが不可欠です。天気予報の要となるのが、シミュレーションと実測データを融合するデータ同化。私たちは、データ同化を高度に探求し、最新鋭のレーダー観測とスーパーコンピュータ「京」を組み合わせ、ゲリラ豪雨の予測を可能にしました。「京」の100倍とも言われるスーパーコンピュータ「富岳」。「富岳」を使ってどんな天気予報が切り拓けるでしょうか。

[ビッグデータ同化:「富岳」が拓く未来の天気予報](5.540KB)新しいタブで開きます

写真:三好 建正
三好 建正
理化学研究所計算科学研究センター
データ同化研究チーム・チームリーダー

[スーパーコンピュータで拓く人工知能(AI)の世界]

人工知能(AI)は、これまで人間しかできなかった知的なタスク、特に認識、動作や判断、言語の理解などを「計算」で実現する分野です。近年のAIの計算の特徴は、通常のプログラムのように人間が手順を事細かに書く代わりに、データを使って自動的に学習でき、データが多いほど上達して精度が向上することです。こうしたAIの計算にはスパコン級の計算パワーが不可欠となっています。本講演では、産総研のAIスパコン「ABCI」とその実例を紹介し、スパコンをAIにどう役立てていくのかをお話します。

写真:小川 宏高
小川 宏高
産業技術総合研究所 人工知能研究センター
人工知能クラウド研究チーム・研究チーム長

当日の様子

写真:当日の様子

アンケート調査結果

  • 266名中223名が回答
  • 各問いをクリックすると拡大します

問い合わせ先

国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究推進室

  • メールアドレスshirutsudoi[at]riken.jp
  • 電話番号078-940-5800
  • ※Emailの[at]は@にご変更ください。

印刷用チラシデータ

(2020年2月13日)