トップページ  >  イベント・広報  >  R-CCS Cafe  >  R-CCS Cafe 第217回 併設 特別セミナー

講演題目

コロナとがん ~ 在宅勤務の健康 コロナ禍におけるがん対策 ~

詳細
開催日 2021年9月24日(金)
開催時間 15:00 - 16:00
開催都市 オンライン
場所

Zoomウェビナーによる遠隔セミナー
※理研・神戸大阪地区(R-CCS含む)に在籍する職員以外の方で視聴をご希望の方は、担当「kenkoukanri[at]ml.riken.jp」までご連絡下さい。(メール送信時には [at] を@に変更して下さい。)

使用言語 発表・スライド共に日本語
登壇者

中川恵一

東京大学大学院医学系研究科 総合放射線腫瘍学講座 特任教授

講演要旨

2020年度から続く新型コロナ感染拡大防止措置として、多くの職員が在宅勤務を行っています。昨年度、感染リスク軽減のため健康診断やがん検診を控える方が多くみられました。現在、日本人の2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で亡くなっていますが、がんの治療成績は年々良くなっており、「がん」でも働くことができる病気になってきました。
第217回 R-CCS Cafe特別版 では、東京大学総合放射線腫瘍学講座の「中川恵一先生」にご講演頂き、職員一人一人がご自身の健康状態に気づき、健康で働きやすい職場づくりのために本研修を開催します。また、理化学研究所では、お仕事を続けながら治療を受けるために、がん等の治療と職業生活の両立支援制度をはじめました。理化学研究所における両立支援制度のご紹介も同時に行います。


第217回特別セミナー「コロナとがん」ポスター

注意事項

  • 参加の際はPCマイクの音声・ビデオをオフにされるようお願いいたします。
  • 当日の会場環境や通信状態により、やむなく配信を中止・中断する場合がございます。
  • プログラムの内容、時間は予告なく変更される場合があります。
  • ご使用の機器やネットワークの環境によっては、ご視聴いただけない場合がございます。
  • インターネット中継に関する著作権は、主催者及び発表者に帰属します。なお、配信された映像及び音声、若しくはその内容を、理化学研究所の許可無くほかのウェブサイトや著作物等への転載,複製,改変等を行うことを禁じます。

(2021年8月31日)