理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

「富岳」のプロトタイプがGreen500で世界1位を獲得しました!

SC19 Green500 1位表彰式

SC19 Green500 表彰式
中央:松岡センター長、右から2番目:石川プロジェクトリーダー

スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプが、スーパーコンピュータの消費電力性能を示すランキングであるGreen500 Listにおいて、世界1位を獲得しました。

参考:プレスリリース「スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプがGreen500で世界1位を獲得~世界トップの消費電力性能を実証~」

Green500の最新のランキングは、アメリカ・デンバーで開催中のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に関する国際会議「SC19」において発表され、現地時間の11月19日(日本時間11月20日)に表彰式が行われました。


SC19 Green500 1位表彰式

SC19 Green500 表彰式

表彰式には、今回Green500にエントリーを行った富士通株式会社の新庄本部長、清水統括部長のほか、理化学研究所計算科学研究センターからは松岡センター長、石川プロジェクトリーダーが登壇し、賞状を受け取りました。



【松岡センター長コメント】
「富岳」ではCo-design(コデザイン)による開発で目標を大幅に超える世界最高の電力性能を誇る汎用Arm CPUの開発に成功しました。GPUマシンがランキングの上位を占める中で、汎用CPUマシンがこれらを上回るのは非常に画期的なことです。

SC19 Green500 1位表彰状

SC19 Green500 1位表彰状

この異次元の電力性能の汎用CPUは、新しいスタンダードになる事で革命的なHPCの成果創出にとどまらず、Society5.0を実現するAI(人工知能)やビッグデータなどの新しい技術への適用が見込まれます。

関連サイト

Green500 List
SC19
富士通株式会社プレスリリース