理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

第203回 第3部

第203回 第3部
日時: 2020年12月7日(月)、16:40 - 17:00
(17:00 - 17:20 講演者を交えたフリーディスカッション(冒頭に1-2分の小休止を挟みます)、17:20- 自由討論(参加自由))
場所: BlueJeansによる遠隔セミナー

・講演題目:Quantum simulation for quantum computing and quantum computing for quantum simulation
・講演者:柚木 清司(量子系物質科学研究チーム、チームリーダー)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

As R. Feynman was originally suggested in 1982, quantum many-body systems such as quantum materials are one of the most promising classes of applications for quantum computing. In this talk, I would like to first briefly introduce some of the research activities in our team on quantum simulations for quantum computing. I will then discuss quantum algorithms of quantum simulations for near-term quantum computers such as NISQ devices, focusing on quantum-classical hybrid algorithms with parametrized quantum circuits [1,2] and beyond the variational quantum circuit ansatz [3].
[1] “Symmetry-adapted variational quantum eigensolver”, K. Seki, T. Shirakawa, and S. Yunoki, Phys. Rev. A 101, 052340 (2020).
[2] “Discretized quantum adiabatic process for free fermions and comparison with the imaginary-time evolution”, T. Shirakawa, K. Seki, and S. Yunoki, arXiv:2008.09361.
[3] “Quantum power method by a superposition of time-evolved states”, K. Seki and S. Yunoki, arXiv:2008.03661.

注意事項:
・参加の際はPCマイクの音声・ビデオをオフにされるようお願いいたします。
・当日の会場環境や通信状態により、やむなく配信を中止・中断する場合がございます。
・プログラムの内容、時間は予告なく変更される場合があります。
・ご使用の機器やネットワークの環境によっては、ご視聴いただけない場合がございます。
・インターネット中継に関する著作権は、主催者及び発表者に帰属します。なお、配信された映像及び音声、若しくはその内容を、理化学研究所の許可無くほかのウェブサイトや著作物等への転載,複製,改変等を行うことを禁じます。