理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

第199回 第1部

第199回 第1部
日時: 2020年10月5日(月)、16:20 - 16:40
(17:20 - 17:40 講演者を交えたフリーディスカッション(冒頭に1-2分の小休止を挟みます))
場所: BlueJeansによる遠隔セミナー

・講演題目:Lattice QCD simulations in the Fugaku era
・講演者:青木 保道(連続系場の理論研究チーム、チームリーダー)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

In modern lattice QCD (LQCD) computations, where physical light quarks in the standard model of particles are simulated directly, the fermion matrix - linear solver consumes most of the CPU time along the simulations. The QCD wide SIMD (QWS) library, which has been made in the LQCD co-design activity implementing the linear solver, makes it possible to efficiently use the power of Fugaku in the state-of-the-art LQCD simulations. On the other hand there is an international activity on the code development with a different approach to utilize SIMD. The Japanese LQCD community is making use of these two products depending on the problem to solve. The current status of these activities as well as an outlook on the impact to the particle/nuclear physics are discussed.

注意事項:
・参加の際はPCマイクの音声・ビデオをオフにされるようお願いいたします。
・当日の会場環境や通信状態により、やむなく配信を中止・中断する場合がございます。
・プログラムの内容、時間は予告なく変更される場合があります。
・ご使用の機器やネットワークの環境によっては、ご視聴いただけない場合がございます。
・インターネット中継に関する著作権は、主催者及び発表者に帰属します。なお、配信された映像及び音声、若しくはその内容を、理化学研究所の許可無くほかのウェブサイトや著作物等への転載,複製,改変等を行うことを禁じます。