理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

OpenViSUS ストリーミング型大規模データ可視化チュートリアル(2019年3月20日)

講師の写真 Prof. Valerio Pascucci (University of Utah)

講師 Prof. Valerio Pascucci (University of Utah)

HPCシステムや高解像度イメージングシステムから出力される大規模データをストリーミング型の可視化・解析を可能とするオープンソースソフトウェアOpenViSUSのチュートリアルを行います。ストリーミング型転送向けデータ変換ツールやライブラリ(PIDX)の使い方、データストリーミングサーバーの設定、スタンドアローン及びにWebベースのビュワーでの可視化・解析の説明を行います。また、「京」プリポストクラウド(アカウント保持者)や参加者ご自身のパソコン上にDockerイメージを用いて利用するハンズオンを予定しています。

OpenVisus_Framework 説明図

visus.org

このチュートリアルは「京」や「京」プリポストクラウドのユーザーだけでなく一般的に大規模データ(シミュレーション結果や高解像度画像)の可視化に興味をお持ちの方も対象です。

Webブラウザ上で受講いただけるWebExオンライン配信も予定しています。
オンライン参加希望の方は申込フォームでお知らせ願います。

チュートリアルの詳細はこちら (Information in English) (PDF 99KB)

開催情報

主催 理化学研究所 計算科学研究センター
場所 理化学研究所 計算科学研究センター 1階 セミナー室
日時 2019年3月20日(水)13:30~16:00(受付開始13:00)
対象
  • 「京」、「京」プリポストクラウドのユーザー
  • 大規模データ可視化に興味を持っている方々
定員 30名
端末 ハンズオン参加者はご自身のPCをご持参ください
参加費 無料
言語 説明・資料共に英語
関連ウェブサイト visus.org
講習会プログラム
(予定)
13:30-15:00 Big Data from HPC simulations and high throughput microscopes, challenges and solutions
15:00-15:30 Break
15:30-17:00 OpenViSUS: Interactive Big Data Streaming Analysis and Visualization
Tentative Program (English) (PDF 99KB)

申し込み締め切り:

2019年3月19日(火)17:00

申し込み方法:

お申込み受付は終了しました。

参加方法:

チュートリアルは、理研 計算科学研究センターで行います。
オンライン参加者には、接続先URLを記載した招待メールを「前日」に送信します。
ネット配信 参加手順書はこちら(PDF 889KB)

お問い合せ:

理化学研究所 計算科学研究センター
運用技術部門 野中丈士
jorji[at]riken.jp ※[at]は@にご変更ください。