理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
スーパーコンピュータ「富岳」開発プロジェクト フラッグシップ2020プロジェクト

新型コロナウイルス感染症重症化に関するヒト遺伝子解析(課題代表者;東京医科歯科大学 宮野 悟)

この課題について

重症化リスク関連遺伝子変異同定の概念図

重症化リスク関連遺伝子解析の概念図

COVID-19においては、感染者に重症化する者と軽症または無症状で済む者の2パターンが存在し、重症化した場合に高い死亡リスクを伴います。重症化因子の特定ができれば、事前の遺伝子検査によってリスクの低い人々に対する経済活動の規制緩和や、高リスク因子を持つ感染者への治療方針決定に資することができます。

本課題では、COVID-19 の重症化例および軽症/無症状感染例について、全ゲノムシーケンスを用いた解析を実施し、スパコンシミュレーションによる重症化リスク関連遺伝子変異を同定します。

参考資料