理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

計算生命科学の基礎VI 大規模分子系の第一原理計算と量子生命科学

[ 2019年11月27日 ]

量子力学に立脚した第一原理電子状態計算は、生体分子系の関わる相互作用や励起ダイナミクスを定量的に記述する上での基礎となる。本講義では、生体分子系の量子化学計算アプローチの一つとしてフラグメント分子軌道法の基礎と応用を紹介するとともに、近年注目を集めている「量子生命科学」への展開についても触れる。生命系において「量子性」を論じることの意味・意義について、様々な観点から、できるだけ簡明に述べたい。

計算生命科学の基礎VI
YouTubeリンク 大規模分子系の第一原理計算と量子生命科学①
YouTubeリンク 大規模分子系の第一原理計算と量子生命科学②
YouTubeリンク 大規模分子系の第一原理計算と量子生命科学③

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

1
講師プロフィール 計算生命科学の基礎VI 大規模分子系の第一原理計算と量子生命科学
名前:田中 成典 所属:神戸大学大学院システム情報学研究科 教授
略歴:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 全コンテンツ(分野から探す方へ)
  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム