トップページ  >  計算科学研究センターとは  >  人材育成  >  計算科学eラーニング  >  生命科学  >  計算生命科学の基礎  >  計算生命科学の基礎5(2018)  >  計算生命科学の基礎5 臨床シークエンスの実際 -情報解析を中心に-

2018年、臨床シークエンス(がんゲノム医療)が先進医療として認定された。臨床シークエンスでは次世代シークエンサーとバイオインフォマティクス技術によって数百遺伝子にわたる変異を1回の検査で検出し、分子標的薬を決定する。本講義では、臨床シークエンスの概要、使用されるバイオインフォマティクス技術、主治医へ検査結果が返却されるまでの情報の流れ、電子カルテとの接続や最新の統計・情報技術による未来の医療の試みを紹介する。

資料

講師プロフィール

写真:加藤 護
名前
加藤 護
所属
国立がん研究センター研究所 バイオインフォマティクス部門 部門長

他の講義を探す

(2018年10月10日)