トップページ  >  計算科学研究センターとは  >  人材育成  >  計算科学eラーニング  >  計算基礎  >  計算科学技術特論  >  計算科学技術特論A 2019  >  第12回 配信講義 計算科学技術特論A(2019)

第12回 7月4日 古典分子動力学計算法の高速化
超並列コンピュータを駆使して多数の粒子を含む大規模系の分子シミュレーションを効率的に実施するためのアルゴリズムについて解説する。特に長距離相互作用である静電相互作用の高並列環境下での取り扱いについて掘り下げる。

配信講義 計算科学技術特論A(2019)(4月11日~7月25日)

資料

講師プロフィール

alt=
名前
吉井 範行
所属
名古屋大学大学院工学研究科 附属計算科学連携教育研究センター 特任准教授

他の講義を探す

(2019年7月4日)