トップページ  >  計算科学研究センターとは  >  人材育成  >  計算科学eラーニング  >  計算基礎  >  計算科学技術特論  >  計算科学技術特論B 2018  >  第14回 配信講義 計算科学技術特論B(2018)

第14回 7月19日 OpenACC・CUDA によるGPUコンピューティング
科学技術計算の分野で始まったGPUによる汎用計算(GPUコンピューティング)は、製造業、医療、医療など様々な分野へ広まり、モバイル、組み込み分野でも使われ始めている。 本講では、GPUのアーキテクチャを紹介するとともに、専用言語(CUDA)やディレクティブ言語(OpenACC)を使ってGPUコンピューティングを行う方法を説明する。

配信講義 計算科学技術特論B(2018)(4月12日~7月26日)

資料

講師プロフィール

写真:成瀬 彰
名前
成瀬 彰
所属
NVIDIA Senior Developer Technology Engineer

他の講義を探す

(2018年7月19日)