理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

第14回 スパコンを知る集い in 山口 〜「京」からポスト「京」へ〜 天文学最大の謎の解明へ向けて

[ 2019年01月26日 ]

周囲のものを何でも吸い込むブラックホール、それはアインシュタインの一般相対性理論によって予言され、電磁波や重力波の観測によってその存在が確かめられた。しかし、ブラックホールはいつどこで生まれ、どのように成長したのか?そしてこの宇宙の進化にどう関わってきたのか。それは天文学最大の謎として今も研究者を悩ませている。この謎に切り込むのがスパコンを駆使したシミュレーションである。最新のシミュレーション成果と残された謎を紹介する。

スパコンを知る集い in 山口<開催報告> https://www.r-ccs.riken.jp/shirutsudoi/meeting31.html

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。

0
講師プロフィール 第14回 スパコンを知る集い in 山口 〜「京」からポスト「京」へ〜 天文学最大の謎の解明へ向けて
名前:大須賀 健 所属:筑波大学 計算科学研究センター 教授
略歴:外部ページ

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 全コンテンツ(分野から探す方へ)
  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム