理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

一般公開 ミニ講演会 ポスト「京」で極限状態の物質の性質を探る

[ 2018年11月23日 ]

「京」速計算機を用いて、クォーク・グルーオンの力学から陽子・中性子・ハイペロンによって構成される原子核(そしてさらには中性子星)の 性質を解き明かす研究を進めている。2017年に観測された重力波の発生源でもある中性子星のより精密な構造を明らかにしていくためには ポスト「京」計算機が必要とされている。本講演では、最近の研究成果ならびに今後の課題について一般向けの解説を行う。

YouTubeリンク

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。
PDFファイルに関しては、ページ最下部よりダウンロード頂けます

0
講師プロフィール 一般公開 ミニ講演会 ポスト「京」で極限状態の物質の性質を探る
名前:根村 英克 所属:大阪大学核物理研究センター 特任講師
略歴:外部ページ

>> 資料ダウンロード1
Copyright © 理化学研究所 計算科学研究センター http://www.r-ccs.riken.jp/jp/

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 全コンテンツ(分野から探す方へ)
  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム