理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

第195回 第3部

第195回 第3部
日時: 2020年8月3日(月)、16:40 - 17:00
(17:00 - 17:20 講演者を交えたフリーディスカッション(冒頭に1-2分の小休止を挟みます)、
17:20 - 自由討論(参加自由))
場所: BlueJeansによる遠隔セミナー

・講演題目:Facility and its operation for large scale supercomputer
・講演者:庄司 文由(運用技術部門部門長、利用環境技術ユニットリーダー)
※発表・スライド共に英語

講演要旨: 詳細を見る

The computing performance of the large-scale supercomputer is still growing even near the end of Moore's low. It is not easy to suppress the increase of the power consumption while growing up the performance. To reduce power consumption, many technologies have been developed and implemented ―for example, Hot-water cooling and Dynamic Voltage and Frequency Scaling (DVFS). The former is the technique to reduce cooling energy by using higher temperature cooling water, which can be cooled by outside air. The latter is a technique to cap CPU power consumption by automatic controlling the voltage and frequency depending on the load and the temperature of the CPU. The combination of the Hot-water cooling and DVFS is widely adopted to many large-scale systems and HPC centers. However, in the energy-saving aspect, it is non-trivial to show that this combination is effective. Because when Hot-water cooling and DVFS works, computing performance degradation will occur. In that case, we might need more energy to recover degradation. In this talk, I would like to introduce this issue in detail and our approach.

注意事項:
・参加の際はPCマイクの音声・ビデオをオフにされるようお願いいたします。
・当日の会場環境や通信状態により、やむなく配信を中止・中断する場合がございます。
・プログラムの内容、時間は予告なく変更される場合があります。
・ご使用の機器やネットワークの環境によっては、ご視聴いただけない場合がございます。
・インターネット中継に関する著作権は、主催者及び発表者に帰属します。なお、配信された映像及び音声、若しくはその内容を、理化学研究所の許可無くほかのウェブサイトや著作物等への転載,複製,改変等を行うことを禁じます。