理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Learnmore もっと知りたい

素核宇宙融合レクチャーシリーズ第13回 7.超新星1987Aから超新星残骸まで

[ 2014年11月28日 ]

天体ビッグバン(超新星・ガンマ線バースト)は宇宙最大規模の爆発現象であり、その爆発メカニズムは良く分かっていません。我々は究極的な物理・大規模数値シミュレーションを駆使し、この究極的現象の全貌解明を目指しています。

本講義では天体ビッグバンの面白さ、現状と今後の展望を分かりやすくお伝えしたく思います。

※Flash動画に関しては、PC端末より閲覧頂くようお願い致します。
PDFファイルに関しては、ページ最下部よりダウンロード頂けます

0
講師プロフィール 素核宇宙融合レクチャーシリーズ第13回 7.超新星1987Aから超新星残骸まで
名前:長瀧 重博 所属:理化学研究所 長瀧天体ビッグバン研究室 准主任研究員/ 理論科学連携研究推進グループ (iTHES) 分野横断型数理・計算連携研究チーム チームリーダー
略歴:外部ページ 著書:外部ページ

>> 資料ダウンロード1
Copyright © 計算基礎科学連携拠点(代表機関:筑波大学計算科学研究センター) 素核宇融合レクチャーシリーズ http://www.jicfus.jp

eラーニングアーカイブ カテゴリー

  • 全コンテンツ(分野から探す方へ)
  • 講義(コースから探す方へ)
  • 講義(新着順に探す方へ)
  • 講演・シンポジウム