理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

シミュレーションソフトウェアの開発コストの大幅削減へ ~画期的な技術開発により、並列化や最適化のプログラミング自動化に成功~  

シミュレーションの高速化は、研究の成果や内容に大きな影響を与える重要な技術です。 現在、計算量やデータ使用量を大幅に削減できる「適合格子細分化法」という手法が有効ですが、大規模なスーパーコンピュータで用いるには、データの移動を効率よく行う最適化が必要なことなど、様々な技術的課題がありました。

今回、共同研究チームが開発した新しいソフトウェア技術は、「適合格子細分化法」での並列化や最適化のプログラミングを自動化することから、大規模スパコン向けシミュレーションソフトの開発コストの大幅削減や、現在プログラミングに手間の掛かるアクセラレータを用いたスパコンへの活用の拡大も期待されます。

詳細説明

プレスリリース(SC16 最優秀論文賞受賞)