理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

「京」を用いて巨大分子の第一原理シミュレーションを実現~創薬や次世代デバイスの開発に期待~

物質は多くの原子からなります。その振る舞いは原子同士に働く力や電子によって決まり、「量子力学」によって表すことができます。量子力学に基づく第一原理計算は現象を原子や電子のレベルで明らかにできますが、複雑で大規模な計算が必要となるため、計算可能な原子数が極めて小さい(通常数百原子程度)という問題がありました。物質・材料研究機構と英国ロンドン大学の研究チームは「京」と東京大学のスパコンFX10(※)を用いて、原子数が3万個以上においても第一原理計算を可能とする新しい計算手法を開発、高精度のシミュレーションに成功しました。今後は数万~数百万原子から構成される生体分子やナノサイズの構造を持つ物質の原子・電子の振る舞いなどを明らかにすることを目指します。本研究は創薬や次世代デバイスの開発に役立つことが期待されます。

※FX10…「京」をベースにして開発された商用版のスーパーコンピュータ。

関連記事

物質・材料研究機構プレスリリース