理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

濃い液体が秘める新機能を発見、新世代の電解液へ~スーパーコンピュータ「京」により高濃度電解液の動作原理が解明~

東京大学と京都大学、物質・材料研究機構(NIMS)は、リチウムイオン電池の急速充電、高電圧作動を可能にする電解液を開発し、スーパーコンピュータ「京」を用いて作動メカニズムを解明しました。この新規な電解液は、超高濃度のリチウムイオンを含む“濃い液体”であり、「高濃度=反応が遅く電解液に適さない」という通説を覆すものです。また、既存の電解液にはない「高速反応」と「高い分解耐性」という新機能を有します。今後、この電解液を応用することで、従来の3分の1以下の時間での急速充電や電気自動車等への実用に耐えうる高電圧で作動するリチウムイオン電池の実現が期待されます。

関連記事

東京大学プレスリリース

物質・材料研究機構プレスリリース