理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

「京」で初めて実現できる、“流れ”の詳細なシミュレーション ~乗り心地、走行安定性、騒音などへの影響を高精度で把握~

車や船の周りの水や空気の流れには細かい渦が無数にあります。「京」を用いることにより1mm以下の渦も含めてシミュレーションが可能になりました。風洞(※)や水槽を用いた実験と同レベルの精度で流れを把握できることから、大型の試験設備を使わずに乗り心地や走行安定性、あるいは騒音などの快適性への影響を評価できるようになりました。車や船の開発期間の大幅短縮も期待されます。

※風洞:風を人工的に起こすトンネル型の装置。風洞を用いて自動車などが気流から受ける影響を計測することにより、製品開発・設計のためのデータを得ることができます。

詳細説明

解説を読む