理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

「京」の計算速度をさらに加速 ~新開発ソフトウェア「EigenExa(アイゲンエクサ)」~

新開発のソフトウエア、「EigenExa(アイゲンエクサ)」が、「京」のシミュレーションで使用するアプリケーションの計算速度を飛躍的に向上させることを実証しました。実際にこのソフトウェアを「京」で使い、世界最大規模である計算(100万×100万の行列での固有値計算)を行った結果、これまで1週間程度かかると考えられてきた計算時間を、わずか1時間に短縮することに成功。今後、半導体のデバイス設計や新材料開発、新薬の探索などを行うための大規模コンピュータシミュレーションに加え、バイオインフォマティクス(※)や社会科学などで用いられるデータの相関関係を解析するスピードアップに期待が寄せられます。この「EigenExa」は一般にも公開されています。

※バイオインフォマティクス・・・生物情報科学ともいい、ゲノムなど生物に関係する膨大なデータをコンピューターで解析する研究分野。

関連記事

理化学研究所プレスリリース

計算科学研究センター 利用者向け公開ソフト