理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

一般公開 科学・ミニ講演会 「京」が拓く未来の天気予報

「京」を使って、雨雲を細かくシミュレーションできるようになりました。また、最新鋭のフェーズドアレイ気象レーダにより、30秒毎に鉛直100層という超高頻度・高解像度で雨雲の動きを観測できるようになりました。これらの「ビッグシミュレーション」と「ビッグデータ」を同時に扱う「ビッグデータ同化」の技術革新により、突発的なゲリラ豪雨を100mメッシュで緻密にシミュレーションし、30分前から予測することを目指しています。この最新の研究成果を紹介します。 http://www.riken.jp/