理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

「京」でHPCチャレンジ賞 4部門で第1位 - SC16(米・ソルトレイク)

hpcc in sc16

理化学研究所、筑波大学、および富士通株式会社は、スーパーコンピュータ「京」で測定した、スパコンの総合的な性能を評価するHPCチャレンジベンチマークの実測結果により、2016年「HPCチャレンジ賞」で、4部門すべてで第1位となりました。米国・ソルトレークシティで開催中のHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング:高性能計算技術)に関する国際会議「SC16」で現地時間2016年11月15日(日本時間16日)、発表されました。

HPCチャレンジベンチマークは、科学技術計算で多用される計算パターンから抽出した28項目の処理性能によって、スパコンの総合的な性能を多角的に評価するベンチマークプログラムです。この中でも特に重要な下記の4つについては、HPCチャレンジ賞(クラス1)が設けられています。

(1)大規模な連立1次方程式を解く演算速度(Global HPL)
(2)多重負荷時のメモリアクセス速度(EP STREAM)
(3)高速フーリエ変換の総合性能(Global FFT)
(4)並列プロセス間でのランダムメモリアクセス性能(Global RandomAccess)

このうち、Global FFTは、今回コードの改良と最適化を行い前回の2位から1位になり、全対全通信性能とメモリアクセス性能の優位性が示されました。

※HPCチャレンジのホームページはこちらです。

SC16関連情報はこちら