理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

第1回 共通基盤研究に係るワークショップの開催(平成24年4月19日)について

1 主催者

理化学研究所計算科学研究機構

2 概要

機構の進める共通基盤研究や分野横断的な計算手法等に係るワークショップ

3 テーマ

大規模データにおけるファイルI/Oについて

4 対象者

計算科学、計算機科学に携わる企業、大学等の研究者など

5 開催日時

平成24年4月19日(木)13:30~16:30

6 開催場所

計算科学研究機構6階講堂(神戸市中央区港島南町7-1-26)

7 参加費

無料

8 プログラム

理研計算科学研究機構システムソフトウェア研究チームは、京の高度化に関して高性能通信ライブラリとファイルI/O処理を中心に研究開発を進めています。本ワークショップでは、本研究チームの現状を紹介するとともに、戦略機関の方々と主にアプリケーション側で抱えているファイルI/O処理に関して議論します。ユーザの抱えている問題点、ニーズに基づき今後必要とされるファイルI/O処理機能を明確化していきます。

13:30~14:00

「趣旨説明&システムソフトウェア研究チーム研究概要& HPCI共用ストレージの紹介」

石川裕

概要:

システムソフトウェア研究チームにおける京の高度化に関する研究開発(高性能通信ライブラリとファイルI/O処理)を紹介するとともにHPCI共用ストレージを中心としたHPCIの準備状況を紹介する。

14:00~14:30

「並列ファイルシステムの現状と今後」

山本啓二

概要:

並列ファイルシステムの概要をLustre File Systemをもとに解説し、現状の課題を説明する。Lustre File Systemは京コンピュータや東大・東工大・筑波大のスパコンで利用されている並列ファイルシステムである。課題を解決するためにシステムソフトウェア研究チームが取り組んでいる並列ファイルシステムの概要を紹介する。

14:30~15:00

「並列アプリケーション向けファイル集約ライブラリ」

大野善之

概要:

並列アプリケーションの各プロセスが、個別にサイズの小さいファイルI/O処理を行なうと高いI/O性能を得ることは難しい。このような場合においても高いI/O性能が得られるように、並列アプリケーションで書き出される多数のファイルを1つのファイルに集約するライブラリを開発している。

15:00~15:30

BREAK

15:30~16:30

ファイルI/Oパターンの集計結果:スケーラビリティ検討

自由討論

概要:

頂いたアンケート結果を集計し、計算機側の視点でファイルI/O処理に関するスケーラビリティを検討する。また、プログラミングに関する問題点についても議論していく。

  9 お申込み

参加申し込みは終了しました。

10 問い合わせ先

理化学研究所 計算科学研究機構 連携促進課
TEL:078-940-5559
e-mail:aics-renkei[-at-]riken.jp ([-at-]は@にしてください。)