理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

京×ポスト京シンポジウム ~シミュレーション・AI・ビッグデータ~(2019年1月18日・東京)

京×ポスト京シンポジウム 案内チラシPDF
案内チラシ(PDF 2.7MB)

私たちが目指すSociety5.0社会の実現にはスーパーコンピュータが不可欠です。「京」によって基礎研究から産業応用まで多くの成果が創出されてきました。そして今、2021年の本格稼働に向け開発中のポスト「京」においてはシミュレーションだけでなく、AI研究やデータサイエンスへの活用に大きな期待が寄せられています。「京」からポスト「京」へ、さらなる飛躍とその可能性をご紹介します。

【2018/11/14 更新情報】
参加登録の申し込みを開始いたしました。

開催日時

2019年1月18日(金)13:00~16:45(受付開始 12:30)

開催場所

日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルオフィス棟8階)
※東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より直結

参加費

無料

定員

200名

講演プログラム

案内チラシ(PDF 2.7MB)

13:00-13:05

開会挨拶

関 昌弘(高度情報科学技術研究機構 理事長)
13:05-13:15

挨拶

文部科学省
13:15-13:45

【講演】

スーパーコンピュータの歴史から将来を見る
小柳 義夫(高度情報科学技術研究機構 サイエンスアドバイザー/東京大学名誉教授)
13:45-14:15

【講演】

高速道路ネットワークの地震リダンダンシー評価の可能性
金治 英貞(阪神高速道路株式会社神戸建設部 部長)
14:15-14:45

【講演】

計算シミュレーションの高分子材料基盤技術開発に向けた期待
中瀬古 広三郎(住友ゴム工業株式会社 技監)
14:45-15:05 コーヒーブレイク(産業利用相談会)
15:05-15:35

【講演】

カジュアルなスーパーコンピューター
鬼頭 周(ソフトバンク株式会社 常務執行役員/事業開発副統括)
15:35-16:05

【講演】

人工知能とシミュレーション
辻井 潤一(産業技術総合研究所人工知能研究センター センター長)
16:05-16:35

【講演】

次世代高性能ARMプロセッサによるHPCとAIの統合
松岡 聡(理化学研究所計算科学研究センター センター長)
16:35-16:45

閉会挨拶

松岡 聡(理化学研究所計算科学研究センター センター長)
参加登録

  • 参加登録フォームからお申し込みください。
  • お申込み期限 2019年1月11日(金)(予定)
  • お申込み多数の場合、締切り前に受付を終了させていただく場合があります。ご了承ください。

注意事項

下記について、予めご承知の上ご参加ください。

  • お申し込み受付後、受付完了のお知らせメールが届きますので、お手数ですが当日ご持参ください。
  • 当日の様子は記録として撮影させていただきます。撮影内容は、広報活動の一環として、ウェブサイトやFacebook、広報誌等に掲載させていただくことがあります。
  • 報道機関が取材や撮影を行い、参加者のみなさまの様子なども含め、報道されることがあります。
  • イベントの内容・スケジュールは変更になる場合があります。

主催

理化学研究所 計算科学研究センター(RIKEN R-CCS)、高度情報科学技術研究機構(RIST)

後援

文部科学省、日本経済団体連合会、経済同友会、日本商工会議所、HPCIコンソーシアム、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会、計算科学振興財団、産業技術総合研究所人工知能研究センター

お問い合わせ

理化学研究所 計算科学研究推進室(広報グループ)
r-ccs-koho[at]ml.riken.jp ※[at]は@にご変更ください
Tel: 078-940-5800