理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
ポスト「京」の開発

重点課題3 地震・津波による複合災害の統合的予測システムの構築

2011年の東日本大震災の大きな教訓は、過去の経験からでは予測が困難な想定外の地震・津波に備える必要があることです。想定外を減らすためには、季節や時間、場所、天気、地震・津波の規模など、さまざまな条件のシナリオについて、どのような被害が起きるのか統合的な予測を行う必要があります。「京」であっても、一つのシナリオの予測にもかなりの計算時間がかかるため、ポスト「京」の登場に期待が寄せられています。将来は、ポスト「京」で築いた地震・津波の統合的予測システムを、国や自治体などが防災や災害復旧に有効利用できるように実用化を進めようとしています。

※図はクリックすると拡大します

  • サブ課題A
    地震・津波の災害予測の実用化研究
  • サブ課題B
    地震・津波の統合的予測のための社会科学シミュレーションの開発

代表機関

東京大学 地震研究所(課題責任者:堀 宗朗 教授)

分担機関

海洋研究開発機構、九州大学、神戸大学、京都大学

課題責任者 堀 宗朗

課題責任者
堀 宗朗(ほり むねお)