理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

コデザイン推進チーム

コデザイン推進チームは、ポスト「京」の開発における、ハードウェア・システムソフトウェア・アプリケーションソフトウェアの「Co-design:コデザイン」を担当します。現代の並列度が高い複雑なプロセッサは、アプリケーションのことを考えずに「汎用」に設計し、それを使ってもらう、という考え方では設計が困難になってきており、またアプリケーションの側も、利用するハードウェアの特性を考えてアルゴリズム、実装、最適化をすることが必須になっています。このような観点から、プロセッサアーキテクチャ、アプリケーションのアルゴリズムの全体にまたがった協調設計をする、というのが「コデザイン」です。

具体的には、設計初期には、新しいマシン上で、ターゲットアプリケーション(性能評価の指標となるアプリケーション)の性能見積もりを行い、ハードウェアとソフトウェアの両面から障害となる部分(ボトルネック)を見つけ出し、改善案を示します。

設計後期には、相互に影響し合うハードウェアとシステムソフトウェア、アプリケーションの動作を調査し、さらなる性能改善をめざします。

また、さらに、今後のプロセッサの進化の方向を考慮し、ハードウェアの性質により適合した新しいアルゴリズムを検討し、その実装が容易にできるようなDSL(ドメイン特化言語)やアプリケーション開発フレームワークの開発も進めていきます。

チームリーダー牧野淳一郎

チームリーダー
牧野 淳一郎
(まきの じゅんいちろう)