理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

チューニング技術ユニット

チューニング技術ユニットは、スーパーコンピュータ「京」の能力を最大限発揮する優れたアプリケーションの開発基盤の整備を目指しています。R-CCS研究チームで開発されているアプリケーション(R-CCSソフトウェア)の性能評価および高度化を実施します。性能解析手法を確立しアプリケーションの高度化を行うため以下の業務を実施します。

(1) R-CCS研究チームで開発されているアプリケーションの性能情報・機能・利用状況等の分析
(2) アプリケーションのチューニング・高並列化
(3) アプリケーションのチューニング・高並列化による計算資源・電力等運用の効率化

これらの業務を通してアプリケーション性能最適化技術の体系化の研究を行います。 性能最適化技術のうち性能特性分析技術を「高並列特性分析手法」と「CPU単体特性分析手法」の 2 つに分け、それぞれについて調査・性能測定・重要点特定・評価・問題点把握の作業フェーズ毎に提案しています(下表参照)。

フェーズ 高並列特性分析手法 CPU単体特性分析手法
調査 ソースコードの調査
性能測定 高並列特性測定手法
重要点特定 計算・通信カーネルの特定手法
評価 高並列特性評価手法 計算カーネル特性評価手法
問題点把握 高並列に関する問題点の分析手法 CPU単体性能に関するアプリケーションの分類手法
 

この中で高並列に関する問題点の把握のために問題点のパターンを6つに分類すること、CPU単体性能に関する問題点の把握のために、アプリケーションを6パターンに分類することを提案しています。今まで開発・適用したチューニング技術を上記のパターン毎に整理することで、性能最適化技術として提案しています。

 

 

ユニットリーダー 南 一生

ユニットリーダー
南 一生 ( みなみ かずお )