理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
OVERVIEW 計算科学研究機構とは

センター長メッセージ

計算科学研究センター長 松岡聡の写真
計算科学研究センター センター長
松岡 聡

計算科学研究センターは、現代科学発展には不可欠な世界最高レベルのスーパーコンピュータである「京」やポスト「京」を擁するだけでなく、高性能な計算科学を推進する世界トップレベルの中核拠点の研究センターとしてとして、「計算の科学」「計算による科学」を探求し、それら両面からの高度な相乗効果より卓越した「計算のための科学」を確立することを目指します。

「京」やポスト「京」のような現代の世界トップレベルのスーパーコンピュータは、数十万から一千万個にも上るCPUコアや、それにデータを供給する莫大なバンド幅のメモリ・ネットワーク・I/Oを有し、とてつもない規模の計算を可能にします。しかしながら、それらは無限の資源を用いてはできず、同時に高度な超省電力・超高信頼性を達成し、かつ、それらをさまざまなユーザが高性能を維持しながら使いこなす高度なプログラミングやソフトウェアが不可欠です。さらには、近年ではビッグデータやAIなどの新たな計算パラダイムが頭角を現し、それらの加速や大規模化も強く求められています。「計算の科学」では、それらを実現するさまざまな技術のベースとなる、高性能計算の本質に関する研究を推進します。

また、スーパーコンピュータは現代の科学技術の発展にとって不可欠なツールです。 宇宙や素粒子あるいは生命科学の研究などの基礎科学は言うに及ばず、地球温暖化の科学的予測、地震や津波、集中豪雨や台風の予測による被害軽減、遺伝子治療の基礎となるヒトゲノムの解析やタンパク質の解析によるドラッグデザイン、新しいデバイスや材料のデザイン、自動車の衝突シミュレーションやジェットエンジンの設計など、私たちの生活に直結する、国民の関心事の高い最先端の研究開発に欠くことのできないものです。「計算による科学」では、「京」ポスト「京」などの、世界のトップレベルのスーパーコンピュータを用いて、これらの研究を推進していきます。

現在「京」は、計算科学研究センターおよび多くの研究機関で行っている上記の基礎研究から、産業界における応用研究まで広く利活用され、国が定めた利用課題の各分野、また一般利用課題の利用者から、多くの優れた成果が発表されています。また企業との共同研究も活発に行われており、成果の製品化への取り組みも進められています。さらに「京」の後継機であるポスト「京」の開発プロジェクトは順調に進んでおり、2020年頃からの本格稼働を目指しています。私たちは、国内外の各機関、大学、企業の研究者との協力を更に拡大し、「計算の科学」と「計算による科学」がタイトに融合する、世界中からトップ研究センターと認知される国際的な「計算のための科学」の知の拠点を目指して、新たな価値を創造していきます。