理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー

第151回

第151回
日時: 2018年10月25日(木)、15:30 - 16:30
場所: R-CCS 6階講堂

・講演題目:Variational and Adiabatically Navigated Quantum Eigensolver
・講演者:松浦 俊司(1QBit)
※発表は日本語、スライドは英語

講演要旨: 詳細を見る

最近の量子コンピューター技術の発展により、近い将来量子コンピューターを用いてどのような計算が可能になるかという研究が活発に行われるようになってきました。現在の量子コンピューターに共通する問題点は実質的なコヒーレンス時間が短い事、そして誤り訂正を行うことができないことです。このため、短時間で計算を終わらせるためのアルゴリズムの開発が非常に重要になってきます。その一つとして注目を集めているのが、量子、古典両方のコンピューターを用いたハイブリッド型のアルゴリズムです。 今回の講演では前半に量子計算に関する現状のレビューを行い、後半で断熱量子計算におけるハイブリッドアルゴリズム(VanQver: Variational and Adiabatically Navigated Quantum Eigensolver)の紹介を行います。特に量子化学への応用に関しての計算結果について説明する予定です。