理化学研究所 計算科学研究センター

メニュー
メニュー
Events/Documents イベント・広報

RIKEN AICS HPC Summer School 2014 開催報告

「京」のタペストリー前で集合写真

8月4日(月)~ 8日(金)、理化学研究所 計算科学研究機構でRIKEN AICS HPC Summer School 2014を開催しました。このスクールは、「京」に代表されるスーパーコンピュータを駆使して新しいことに挑戦したいと考えている大学院生や若手研究者等の人材育成を目的として、当機構、東京大学情報基盤センター及び神戸大学計算科学研究センターの三者で開催しているものです。
今夏で4回目の開催となり、学生(高専、学部生、大学院生)や研究者、教員、民間企業に所属される方など合計21名の方が受講されました。

初日には、八代尚氏(AICS複合系気候科学研究チーム 研究員)による、京における全球雲解像モデルNICAMの取り組みについての講演、また「京」の見学を開催し、受講者の方と講師らとの活発な質疑応答が見られました。

その後、中島研吾氏(東大教授、AICS客員主管研究員)と横川三津夫氏(神戸大教授、AICS客員主管研究員)による、並列計算プログラミングの基礎習得を目指した講義を行うとともに、「京」の一筐体に相当するスパコンFX-10(神戸大学統合研究拠点所有)を用いた演習を行いました。

最終日には確認テストにより、5日間の学習の定着度を深めた後、修了式、集合写真撮影を行い、全プログラムが終了しました。


本サマースクールは来年度以降も開催することを考えており、参加された皆さんからの声を踏まえて、内容や運営について検討してまいります。

また、サマースクールのアドバンス版となるスプリングスクールも、来年2015年3月4日(水)~6日(金)に開催予定です。これからも多くの方のご参加をお待ちしています。

スクールの詳細や講義テキスト等はこちら